会社概要

会社名 キャタピラージャパン合同会社(英称:Caterpillar Japan LLC)
所在地 本社 マーケティング部門 〒158-8530 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
TEL(03)5717-1121/(03)5717-1201
相模事業所 〒252-5292 神奈川県相模原市中央区田名3700
TEL(042)763-7011
明石事業所/油圧ショベル開発本部(HEDC) 〒674-8686 兵庫県明石市魚住町清水1106-4
TEL(078)943-2111

※すべて代表番号です

設立1963年(昭和38年)11月4日
資本金10億円
職務執行者Harry Kobrak, Steve Lanctot, Joe Moscato, 前畑秀和

このページの先頭へ

沿革

1904キャタピラー社の前身ホルト社、史上初の履帯式トラクタを製作
1925キャタピラー社設立
1960三菱重工・明石製作所が油圧ショベルを初めて国産化
1963キャタピラー三菱設立
1965CAT D4D ブルドーザ国産第一号機完成
1979相模工場、生産台数100,000台を達成
秩父デモセンターを秩父市に開設
1986新キャタピラー三菱発足に先立ち、
明石に油圧ショベル設計センターを開設
1987キャタピラー三菱、明石製作所の後身と合併
新キャタピラー三菱として、新たにスタート
オリジナル開発の油圧ショベルCAT E200B 新発売
1989明石工場が油圧ショベル生産台数100,000台を達成
1990相模・明石両事業所を設立
1992世界統一仕様のCAT300ファミリー油圧ショベル「REGA」を新発売
明石に、油圧ショベル開発・設計の新拠点設計センタービル完成
1993本社を東京・用賀に移転
1996油圧ショベル「REGA」Bシリーズを新発売
2000油圧ショベル「REGA」Cシリーズを新発売
2001CATミニ・小型油圧ショベルを新発売
CAT 300ファミリー油圧ショベルが販売累計150,000台を達成
2002相模事業所、生産台数300,000台を達成
2003相模に相模開発センターを開設
2004オリジナル開発のミニホイールローダ CAT 901B/902B/903B新発売
2005油圧ショベル「REGA」Dシリーズを新発売
新世代環境対応型エンジン「ACERT」搭載建機を新発売
2007相模事業所、トラクタ生産台数300,000台を達成
2008明石事業所、油圧ショベル生産台数300,000台を達成
社名をキャタピラージャパンに変更
2012キャタピラー社がキャタピラージャパンを単独所有
2017会社形態を株式会社から合同会社に変更

このページの先頭へ

事業拠点

本社 マーケティング部門

本社管理部門/営業部門
所在地
〒158-8530 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号

相模事業所/相模開発センター(SDC)

相模事業所/相模開発センター(SDC) 相模事業所/相模開発センター(SDC)
所在地
〒252-5292 神奈川県相模原市中央区田名3700
主要生産名目
  • ミニ・小型油圧ショベル 小型油圧ショベル
  • ミニホイールローダ 小・中型ホイールローダ
  • 小・中型ブルドーザ
ISO認証
  • 1996年10月:ISO9001認証取得
  • 1999年7月:ISO14001認証取得

このページの先頭へ

建機の購入は
キャタピラーをご検討ください。
お客様の幅広いニーズに応える、
各種サービスもご用意しています。

このページの先頭へ